のみものマニアの毎瞬Tea Time

アメリカ暮らしの中で見つけた推しTEAをひたすら紹介するマニアックなブログです。毎週火・金曜、朝7時更新。

ダージリンとアッサムの美しい融合...ワダムの紅茶:Unitea

カフェも素敵ですが、このご時世。

せっかくなので、家でコーヒーや紅茶を思う存分味わうのも良いですね。

 

今回はおうち時間にゆったり味わいたいアートな紅茶、ワダムのユニティー(Uniteaを)ご紹介します。

f:id:Kumaboco:20200814052334j:plain


 

 

ワダムティー(VAHDAM Tea)とは

紅茶事業を営む家に育った若き実業家が立ち上げた、インドの紅茶会社。

仲介業者をカットし、ワダムから顧客に商品を直送するため、新鮮な紅茶を楽しむことができます。

また、売り上げの一部はインドの教育機関に寄付されます。

製品紹介

熟練したブレンダーによる特許を取得した作品、ダージリンとアッサムの最高のブレンドティー。

Vahdam限定のこのユニークなブレンドには、茶葉にとって最高峰の(まるで天国のような)地域で摘まれた1級品の茶葉が使用されています。

ダージリンのアロマと、アッサムの力強いコクのある明るい紅茶の美しい融合、深い水色をお楽しみください。

原料

f:id:Kumaboco:20200814052401j:plain
f:id:Kumaboco:20200814052354j:plain

インド産ダージリン 、アッサム紅茶

形状:ルーズリーフ

グレード:FTGFOP(ファイン・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジペコ)

入れ方

f:id:Kumaboco:20200814052417j:plain

抽出のジャンピングを見るために、グラスで入れています

茶葉2gに対し熱湯200mlを注ぎ、3〜5分抽出する。

*今回は5分と、比較のために7分抽出しました。


f:id:Kumaboco:20200814052424j:plain

5分抽出

↑ 5分抽出:赤みがかったライトブラウン

 

f:id:Kumaboco:20200814052341j:plain

7分抽出

↑ 7分抽出:赤褐色。5分のものより、茶色が濃くなりました。

香り

トップノートは新鮮なマスカットのような爽やかな果実の香り
ミドル〜ラストは土っぽいearthyな香り

苦味・渋みが抑えられ爽やかでありつつ、茶葉の甘みがあり奥深い味わい

まろやかでシルキー

総括

ワダム紅茶の特徴は「新鮮さ」「柔らかさ」にあると思いますが、こちらもその特徴を存分に発揮したお茶。

繊細なダージリンと力強いアッサム、この両極の特徴をどう合わせるのだろう?と興味深かったのですが、

どちらの良さも引き出されていて、まさにブレンダーの「作品」と呼ぶにふさわしい仕上がりです✨

 

おまけの妄想

キャラに例えるなら?

少女のような可憐さに、キャリアウーマンの知性と力強さ、さらには女王の貫禄を備えた

キャスターの大江麻里子さんがイメージです。

        f:id:Kumaboco:20200814053543j:plain

 

大江さんといえば、さま〜ずとの軽快な掛け合いもできて、WBSのアンカーウーマンとして現場を回す、抜群のバランス能力の持ち主ですよね。

ニュースを淡々と読みながらも、どこか慈愛に満ちた表情がとても素敵💕

アメリカに暮らすようになっても大江さんのニュースは好んで見てしまいます。

 

音楽に例えると?

繊細さと豪胆さ

爽やかさと力強さ

そんな両極の魅力を備えた音楽・・・

 

ラヴェルの弦楽四重奏 ホ長調 が思い浮かびました。
(Maurice Ravel: String Quartet in F major)

 


Maurice Ravel: String Quartet in F major


1st violin、2nd violinはダージリンの持つ爽やかさ、優美さ
Viola、celloはアッサムの力強さ、包み込むようなたおやかさの魅力と重なりました。

 

ラヴェルの弦楽四重奏の聞きどころとしては、4つの楽器がそれぞれ自由に旋律を奏で、それぞれが重ね合うことで繊細かつ複雑なうねり、そして奥行きを作り上げているところです。

バイオリンが歌い出すと、それに応じるようにヴィオラやチェロが主題を歌い返す…また逆にヴィオラやチェロが主旋律を奏で相槌をうつバイオリン。

そう、Call and Responce。

まるで4人が会話をしているみたいじゃないですか?😊

 モーツァルトやハイドンの時代(classic era)、弦楽四重奏は4つ楽器の縦の動きがほとんど同じで、「バイオリンがメロディー、チェロは伴奏」の役割が明確でした。

和声や形式もかなりルールに従順に作られており、まるで「貴族は貴族、平民は平民」という縦割りの階級社会を象徴しているかのよう。(考えすぎかな??)

時代は移り変わり、フランスの音楽家ドビュッシーやラベルが台頭することには、和声の概念やフォームも新しいものに変革していきます。

異端児のドビュッシーと違い、ラヴェルは先人たちが残した伝統に忠実でしたが、母方の血筋スペインへの興味、東洋音楽への傾倒も相まり、独自の音楽を樹立していったのでした。

おっと、お茶の話に戻ります💦

この繊細かつたおやかなブレンドティー、是非ラヴェルの弦楽四重奏とペアリングして味わっていただきたい1品です☕️

 

ご参考まで:商品リンク

全く同じものを日本のアマゾンで探すと、目玉が飛び出るほどに高額でした!

なんと255gで1万円ほど!

なので、オススメはできません😭

ご興味がありましたらダージリンとアッサム単品での購入リンクも貼っておきますので、覗いてみてください😉✨

www.amazon.co.jp

 ↓ アッサム単品はこちら

↓ ダージリン単品はこちら

 

*アフィリエイトなどの収益化はしておりません。

*レビューは個人の感想です😊

 

 

 

いつもお読みくださり、ありがとうございます🍀

ではでは、良いTea Timeを☕️